告白の仕方

告白の仕方ひとつで相手の受け止め方は変わりますのでかなり重要です。

相手の気持ちを考えよう

告白の仕方

自分が告白されたらどう思うかを客観的に分析して告白する必要があります。

真剣な気持ちで

告白の仕方を紹介していきます。

実際に付き合うためにはしっかりと告白しなくてはいけませんね。どちらか一方が好きになったとしてもお互いがお互いのことを好きだろ!って思っていても告白をしないままずるずると言ってしまったらいつのまにか愛想を尽かされてしまうかもしれませんし、そのままいくと冷めてしまうかもしれません。

かならずしっかりと告白して付き合ったほうがいい結果になると思います。告白は必ずしましょう!といってもやっぱりどうしても怖いものですよね。絶対に自信があると思っていてももし断られたら今までのいい関係が崩れてしまうかもと思ったら絶対に自信があってもいざという時に自信がなくなってしまいます。

なるべく高確率で相手からいいお返事が来るような告白をしたいですよね。もちろんまだ会って間もない関係だったり、もしくは何度も会っている中でいい感じになっているというケースなど色々なケースが考えられますがそれでも共通していえることを紹介します。

まずは絶対に相手の目を見てしっかりと真剣なまなざしでいうことが大切です。ふざけたような口調で言われたり照れてしまってちゃんと言えなかったら相手も真剣に受け止めてもらえなくなってしまいます。

ですからまず何よりも相手に真剣な想いを伝えましょう。せっかくうまくいく感じであってもふざけていって告白が失敗してしまうこともあります。

次に断れないように高級なレストランや夜景の見える綺麗な場所でいいましょう。高級なレストランで食事をおごってもらった負い目や綺麗な場所にまで連れていってくれた背景なども感じ取ってくれたら中々言えないでしょう。

とにかく告白までは断りづらいようなセッティングをしておくことが大切です。

そして最後に上から目線でいうのはやめて相手のいいところを見ていうことが大切です。

例えば「○○さんと一緒にいるとすごい楽しくて自分が一番素でいられる存在で、○○さんの笑顔がとてもかわいいからその笑顔を一番近くで見ていたいので付き合ってくれませんか?」みたいな相手の下手に出て、そしてお願いをすることが大切です。

また、反応が鈍っていたら「今はそこまで自分のことを好きじゃなくても徐々に好きにさせていくからまずは付き合ってくれませんか?」という既成事実を作るような言い回しにしてもいいかもしれません。

あなたのことが好きなんですということをしっかりと伝えてあげることで相手も真剣に受け止めてくれると思います。

Copyright (C) 出会い系サイトを応援. All Rights Reserved.